ホーム » biz-yado の投稿

作成者別アーカイブ: biz-yado

出張でおすすめの風俗とは

出張先のビジネスホテルでデリヘルを呼ぶのは王道スタイルなので多くのビジネスマンが考えることですが、ハシャギすぎて酔っぱらってしまいデリヘルを呼ぶ前に寝てしまう人が多いようです。さらに、宿泊先のホテルではデリヘル嬢を連れ込むことができないということが多いため、デリヘルを呼ぶのをあきらめたという人も多いのではないでしょうか。
そんな人のために、出張でおすすめの風俗遊びを紹介したいと思います。

早朝に遊ぶ

多くの人が夜に風俗に行くものだと決めこんでいますが、逆の発想で早朝に風俗に行くのがおすすめなのです。出張先では何かといつもとは違うことをするので疲れてしまいます。その状況でお酒を飲んでしまうと、かなりの確率で眠くなってしまい風俗遊びまでたどり着けない人が出てきてしまいます。

仕事が終わった夜ですが、テンションが上がっているのを少し抑え、食事+飲酒を軽くする程度にしてさっさとホテルに帰って寝てしまいましょう。早く寝ることで、早朝に目が覚めるハズですので、そこから風俗遊びに行けばいいのです。ポイントは、どれだけテンションを抑え、遊びたい気持ちを我慢して就寝できるかにかかってきます。

早朝ソープを探す

早朝ソープランド

全国各地にはソープランド街というソープランドが集まっている地域があります。そのような地域で営業しているお店には必ず早朝から営業を開始している、いわゆる早朝ソープがあります。早朝ソープランドの営業時間は正確には明記されておらず、「日の出から」のような曖昧な感じになっていますが、だいたい5時か6時ごろには営業を開始しています。

早朝ソープで遊ぶポイントは、まず前日にお店のリサーチを済ませておく必要があります。事前のリサーチさえ済ませておけば、何も怖いものはありません。ホテルをチェックアウトしたら、チェック済みのソープランドに行けばいいのです。早朝ソープを利用する人は少ないので、夜の時間帯のように予約待ちということも少ないですし、何といっても料金が夜の時間帯の3割OFF~半額で遊ぶことができるのです。
シラフだと風俗に行けないという人だと難しいプランになりますが、ここは勇気を出して早朝ソープに行ってみてはいかがでしょうか。

デリヘルが呼べるかのチェック方法

出張先のビジネスホテルでデリヘルが呼べなかったなんてことにならないためにもデリヘル(風俗)が呼べるホテル(宿)がどうかのチェック方法を覚えておきましょう。

出張のサラリーマンが一番多く利用するホテルはカプセルホテルのようですが、まずカプセルホテルのような共有部分が多いホテルだと100%デリヘル嬢を呼ぶのは不可能だと知っておく必要があります。チェックする必要がないということです。
デリヘルなどの風俗はもちろんのこと、マッサージ嬢でさえ入室することは不可能なのです。したがって出張が決まっても宿泊先がカプセルホテル(格安ホテル)だった場合には、デリヘルを呼ぶことはあきらめ、ファッションヘルスやホテヘルに行くことになります。

次に多いのが大手チェーン店のビジネスホテルに宿泊するケースです。全国展開している東横インやルートイングループ、アパホテルなどが有名だと思います。

東横インはデリヘルが呼べない?

東横インですが、かなりの確率でデリヘルを呼ぶことができないと思っておいたほうがいいでしょう。東横イン系列のホテルは典型的なビジネスホテルですので、東横インはどのエリアのホテルも同じような構造になっており、必ずと言っていいほど玄関正面に受付があるので受付を通らないとエレベーターに行けません。したがってデリヘル嬢は受付で止められてしまうことがほとんどなのです。

口コミなどで東横インでも連れ込みができたという書き込みもありますが、基本的にはフロントに見つかってしまえば必ず止められます。運がよくてフロントにバレずに入室できることがありますが、デリヘル店側も東横インにはあまり出張させたくないと思っているお店も多くあるようです。地方などはまだ緩いようですが都内を中心に首都圏の東横インだとかなり厳しく制限をしているようです。

アパホテルはデリヘルが呼びやすい?

ビジネスホテルの中でも比較的呼びやすいホテルなのがアパホテルです。ビジネスホテルとシティホテルの中間くらいのホテルが多く、エントランスが広めで館内にレストランなどの施設があるホテルが多いので人の出入りが比較的自由になっています。それでもデリヘル嬢の入室に対しては厳しいようですが、フロントまでお客さんが迎えに行って一緒に部屋まで行きさえすれば、かなりの確率でデリヘルを部屋まで呼ぶことができます。

デリヘルとホテヘルの違い

デリヘルとホテヘルの違いは何?と聞かれた時にちゃんと答えられる人は意外と少ないようです。最近の風俗店は無店舗型風俗が中心になってきており、その代表であるデリヘル(デリバリーヘルス)とホテヘル(ホテルヘルス)についてしっかり学んでおきましょう。

ホテヘルの特徴

ホテヘルはデリヘルと同様、無店舗型風俗店であるので「ファッションヘルス」のような店舗型風俗店のような個室はありません。そのためラブホテルやレンタルルームを利用してサービスを行う風俗店です。デリヘルも同様に個室がありませんので、ホテルやレンタルルーム、または自宅にデリヘル嬢が出張してサービスを行います。ここまでは両方とも同じですが、デリヘルとホテヘルの違いを簡単に説明すると2つの大きな違いがあります。

受付があるのがホテヘル

ホテヘルはデリヘルのように電話だけで予約を行う形ではなく、ファッションヘルスのように受付を行う事務所があります。お客さんは受付でコース料金を決めパネル指名や本指名を行った後で指定されたラブホテルかレンタルルームに移動することになります。受付所のすぐ近くのレンタルルームに案内されることもあるので、風俗初心者の人であれば普通のファッションヘルスと勘違いしてしまうこともあります。

ホテヘルの最大のメリットは受付があることによってファッションヘルス感覚で利用することができるのです。デリヘルは電話一本でデリヘル嬢が出張してくれますが、それがデリヘルのメリットでもありますが、デメリットでもあるのです。デリヘルに慣れていないお客さんはやっぱり受付があったほうが安心ですし、パネルから女の子が選べるパネル指名をすることができるからです。

ホテヘルは出張サービスはない

ホテヘルはホテヘル型ヘルスを略した呼び名ですので、ホテル専門のヘルス店になるのでお客さんへの自宅派遣は行いません。デリヘルはデリバリーヘルスですので、女の子をお客さんのところまで出張しますが、ホテヘルはデリバリーは行いません。受付周辺の指定のラブホテルのみになります。

以上のことから簡単に言うとホテヘルは、ファッションヘルスの個室が少し離れた場所にあり、それがラブホテルかレンタルルームということだけになります。しかし、最近は自宅派遣を行わないデリヘルもホテヘルと言っていたり、ホテヘルだけとデリバリーも行うお店が増えてきていることから違いがよくわからなくなってしまっていることも事実です。

ビジネスホテルでのデリヘル利用

デリヘルを利用する男性陣の多くはラブホテルを使っているので、デリヘル嬢の連れ込みを拒否されることはありませんが、ビジネスホテルにデリヘル嬢を連れ込みしようとした場合ホテルによっては入室を断られることがあるので知っておかなければなりません。

ビジネスホテルにデリヘルを呼ぶのは厳しい?

出張や旅行などでビジネスホテルに宿泊することがありますが、ホテルにデリヘルを呼ぶ(風俗嬢を連れ込み)するのであれば注意しなければなりません。ビジネスホテルの場合、お1人での宿泊はシングルルームとなりゲスト客の利用は禁止されています。したがってデリヘル嬢もゲスト客とみなされますので、ホテルへの入室を断られることがあります。

これはホテルによって解釈がことなるので、デリヘル嬢やマッサージ嬢であれば1時間程度のサービスであるため問題なく入室を許してくれることがあります。ホテルと契約しているマッサージ嬢であれば入室はできるがデリヘルなどの風俗嬢では入室を断るホテルもあります。ホテル側にバレなければ連れ込むことは可能ですが、もしバレてしまった時は追加料金が発生してしまうこともあります。

ホテルやフロントに問い合わせる

宿泊しているホテルにデリヘルを呼んでもいいのかについてはホテル側(フロント)に聞いてみたほうがいいかもしれません。しっかりとフロントに申告すれば問題なく入室を許してもらえることもあります。デリヘル嬢の入室をお断りする理由の一つがセキュリティーの問題があるからです。宿泊客以外がホテルに入室することが問題のため、男性陣がフロントやホテル前まで迎えに行ってデリヘル嬢と一緒に入室すれば何も言われないことが多くあります。

もう一つの理由はデリヘル嬢は宿泊しないにしてもゲスト客とみなされるからです。これはビジネスホテルの決まりであるため仕方がないことかもしれません。このような場合には、デリヘル嬢の分としてゲストチャージを払えば入室を許してもらえます。
このようにビジネスホテルにデリヘルを呼ぶ場合にはホテルによっては注意しなければなりませんので事前に調べておくのがいいかもしれません。

デリヘルを利用するなら知っておく事

デリヘルを利用する際には、注意しなければならないことがいくつかありますので、これから初めてデリヘルを呼んでみようと思っている男性陣であれば知っておく必要があります。

出張範囲(派遣可能エリア)が決まっている

デリヘルの派遣エリア

まず1つ目は、デリヘル店には出張範囲(派遣エリア)が決まっているということです。デリヘルは無店舗型風俗なのでお店自体はありませんが、女性が待機している場所や電話受付を行う事務所があります。その事務所を拠点としてデリヘル嬢を派遣させるので、あまりにも遠いエリアには派遣することができません。1つの市区町村だけ、もしくは近隣の市区町村までという感じになっています。お店のホームページに派遣可能エリアが書いてあるお店が多いのでチェックしてから電話しなければなりません。派遣エリアをチェックせずに女の子から選んでしまうと出張可能外エリアでデリヘルを呼べないと分かった時のショックが大きくなります。

仮に出張可能外エリアでも女の子を派遣してくれることもありますが、交通費がかなり高くつく可能性があります。さらに女の子が到着するまでかなり時間がかかることも予想されます。「県内全域出張可」や「他県出張可能」と書いてあるお店は結構ありますが、交通費の項目をチェックしないと大変な目に合うことになります。交通費だけで5,000円もかかってしまうことだってあります。

自宅派遣がNGのデリヘルもある

自宅出張がNG

デリヘルなら自宅に呼ぶことができるのは当たり前だと思っている男性陣が多いようですが、お店によっては自宅派遣ができないというデリヘルもあります。また、お店として自宅派遣はNGではないけど、デリヘル嬢によっては自宅派遣NGということもあります。

さらに自宅にデリヘルを呼ぶ場合は、別途で料金がプラスされることもあります。タオル代などとして1,000円~2,000円程度プラスされます。当たり前ですが、お風呂(シャワー)が無い家だったり風呂が共同というアパートだと派遣してもらえません。汚すぎる部屋だとデリヘル嬢が到着してもサービスを拒否されることもあります。デリヘル嬢が嫌がったりトラブルも多いことから、最近では自宅出張ができないホテル派遣専門のデリヘルも増えてきているようです。

デリヘルとは

デリヘルとはデリバリーヘルスを略した呼び名でデリヘルで働く女の子はデリヘル嬢と呼ばれています。無店舗型風俗の代表的な風俗店で、お店には店舗がないためお客さんの元にデリヘル嬢(女の子)を派遣(デリバリー)してサービスを行うヘルス店ということになります。

そのためお客さん側がサービスを受ける部屋を用意する必要があるため、自宅もしくはラブホテルか宿泊しているビジネスホテル・シティホテルにデリヘル嬢を呼ぶようにします。最近では繁華街などにレンタルルームと呼ばれるベット付きの簡易な部屋があり、そこでデリヘルを呼ぶこともできます。

ホテヘルとは

デリヘルと似たような無店舗型風俗でホテヘル(ホテル型ヘルス)がありますが、こちらは受付所を構えており、お客さんは受付所で受付を済ませた後でラブホテルかレンタルルームに案内されます。ホテル派遣専門の風俗店なので自宅へのデリヘル嬢の出張はできません。ホテヘルの派遣エリアは受付所周辺のラブホテルかシティホテルなので、宿泊しているビジネス・シティホテルへのデリヘル嬢の出張もできません。

デリヘルのサービス

デリヘルはサービスを受ける場所が自宅かホテルということだけで、サービス内容はファッションヘルスとほぼ同じです。したがって料金も店舗型のヘルスと似たような金額になります。デリヘルを利用するメリットは、わざわざお店まで行かなくてもホテルまでデリヘル嬢が来てくれるので気軽に利用することができます。

また、デリヘル店でも特徴があるお店が多くお客さんの好みに応じたデリヘル店を見つけることができます。例えば、人妻や熟女専門のデリヘルやエステやマッサージ専門のデリヘル、外国人(韓国人・中国人・金髪・ハーフ)専門のデリヘル、トップクラスのデリヘル嬢専門の高級デリヘルなど。デリヘルは店舗数がファッションヘルスと比べて圧倒的に多いので特徴やサービス内容、料金などから自分の好みにあったお店を探すことができます。
最近はイメクラなどシチュエーションが楽しめるデリヘルや待ち合わせやデートが楽しめるデリヘルに人気があるようです。