ホーム » デリヘル利用の注意点

カテゴリー別アーカイブ: デリヘル利用の注意点

ビジネスホテルでのデリヘル利用

デリヘルを利用する男性陣の多くはラブホテルを使っているので、デリヘル嬢の連れ込みを拒否されることはありませんが、ビジネスホテルにデリヘル嬢を連れ込みしようとした場合ホテルによっては入室を断られることがあるので知っておかなければなりません。

ビジネスホテルにデリヘルを呼ぶのは厳しい?

出張や旅行などでビジネスホテルに宿泊することがありますが、ホテルにデリヘルを呼ぶ(風俗嬢を連れ込み)するのであれば注意しなければなりません。ビジネスホテルの場合、お1人での宿泊はシングルルームとなりゲスト客の利用は禁止されています。したがってデリヘル嬢もゲスト客とみなされますので、ホテルへの入室を断られることがあります。

これはホテルによって解釈がことなるので、デリヘル嬢やマッサージ嬢であれば1時間程度のサービスであるため問題なく入室を許してくれることがあります。ホテルと契約しているマッサージ嬢であれば入室はできるがデリヘルなどの風俗嬢では入室を断るホテルもあります。ホテル側にバレなければ連れ込むことは可能ですが、もしバレてしまった時は追加料金が発生してしまうこともあります。

ホテルやフロントに問い合わせる

宿泊しているホテルにデリヘルを呼んでもいいのかについてはホテル側(フロント)に聞いてみたほうがいいかもしれません。しっかりとフロントに申告すれば問題なく入室を許してもらえることもあります。デリヘル嬢の入室をお断りする理由の一つがセキュリティーの問題があるからです。宿泊客以外がホテルに入室することが問題のため、男性陣がフロントやホテル前まで迎えに行ってデリヘル嬢と一緒に入室すれば何も言われないことが多くあります。

もう一つの理由はデリヘル嬢は宿泊しないにしてもゲスト客とみなされるからです。これはビジネスホテルの決まりであるため仕方がないことかもしれません。このような場合には、デリヘル嬢の分としてゲストチャージを払えば入室を許してもらえます。
このようにビジネスホテルにデリヘルを呼ぶ場合にはホテルによっては注意しなければなりませんので事前に調べておくのがいいかもしれません。

デリヘルを利用するなら知っておく事

デリヘルを利用する際には、注意しなければならないことがいくつかありますので、これから初めてデリヘルを呼んでみようと思っている男性陣であれば知っておく必要があります。

出張範囲(派遣可能エリア)が決まっている

デリヘルの派遣エリア

まず1つ目は、デリヘル店には出張範囲(派遣エリア)が決まっているということです。デリヘルは無店舗型風俗なのでお店自体はありませんが、女性が待機している場所や電話受付を行う事務所があります。その事務所を拠点としてデリヘル嬢を派遣させるので、あまりにも遠いエリアには派遣することができません。1つの市区町村だけ、もしくは近隣の市区町村までという感じになっています。お店のホームページに派遣可能エリアが書いてあるお店が多いのでチェックしてから電話しなければなりません。派遣エリアをチェックせずに女の子から選んでしまうと出張可能外エリアでデリヘルを呼べないと分かった時のショックが大きくなります。

仮に出張可能外エリアでも女の子を派遣してくれることもありますが、交通費がかなり高くつく可能性があります。さらに女の子が到着するまでかなり時間がかかることも予想されます。「県内全域出張可」や「他県出張可能」と書いてあるお店は結構ありますが、交通費の項目をチェックしないと大変な目に合うことになります。交通費だけで5,000円もかかってしまうことだってあります。

自宅派遣がNGのデリヘルもある

自宅出張がNG

デリヘルなら自宅に呼ぶことができるのは当たり前だと思っている男性陣が多いようですが、お店によっては自宅派遣ができないというデリヘルもあります。また、お店として自宅派遣はNGではないけど、デリヘル嬢によっては自宅派遣NGということもあります。

さらに自宅にデリヘルを呼ぶ場合は、別途で料金がプラスされることもあります。タオル代などとして1,000円~2,000円程度プラスされます。当たり前ですが、お風呂(シャワー)が無い家だったり風呂が共同というアパートだと派遣してもらえません。汚すぎる部屋だとデリヘル嬢が到着してもサービスを拒否されることもあります。デリヘル嬢が嫌がったりトラブルも多いことから、最近では自宅出張ができないホテル派遣専門のデリヘルも増えてきているようです。